スポンサーリンク

認定臨床工学技士について

スポンサーリンク
研修・資格

認定臨床工学技士になろう!

更新期間が開いてしまいましたが、何とか生きてます。

今回は受験予定の認定臨床工学技士についてです。

内容は日本臨床工学技士会が発行している冊子、臨床工学技士認定制度の認定臨床工学技士についてのまとめです。

 

スポンサーリンク

認定臨床工学技士とは

平成 30 年度から専門臨床工学技士の基礎資格として、新たに認定 臨床工学技士制度が構築されます。

この認定臨床工学技士は、医療機関および在宅医療において、『医療機器の安全運用・保守 管理の普及と啓発』を目的に制度が構築されたそうです。

資格の乱立のような気も・・・

取得するには

  1. 指定講習(eラーニング)を受講
  2. 検定試験を申し込む。
  3. 札幌・東京・名古屋・大阪・福岡他の各地でWEB試験を受験する。
  4. 合格後、認定申請
  5. 申請が通れば認定証書が郵送される。

大体他の医療資格と同じような感じですが、WEB試験って何でしょうか?

地方在住としてはわざわざ東京などへ行かなくても近くで受験できそうなので助かりますが・・・

認定試験の受験資格は、

  • 技士会の会員・非会員問わず、医療資格を持っていること。
  • 当該領域の指定講習を受講していること。
  • 指定講習を受講して5年以内であること。(5年過ぎれば再受講が必要)

以上のことから、臨床工学技士でなくても医療資格を持っていて尚且つ指定講習を受講できていれば試験は受けられるようです。

 

試験内容は、択一選択方式で午前・午後各90分、各60設問。

 

認定申請について

  1. 当該領域の検定試験に合格していること。(合格してから5年以内)
  2. 申請前年度から遡り連続して2年間、日本臨床工学技士会正会員で会費を完納(受験時・申請時も会員であること)
  3. 免許取得後、臨床工学技士として認定申請領域の実務経験が2年以上あり現在も従事していること。
  4. 申請前年度から遡る5年間に1回以上「日本臨床工学技士会または地域臨床工学会」に参加していること。(地域臨床工学会の例:関東臨床工学会など)
  5. 取得単位表において申請前年度から遡ること5年間に要件を満たす単位20単位以上取得していること。
  6. 申請前年度から遡ること5年間に1回以上「キャリアアップ研修会(初級)」を受講していること(2018~2022年度は移行期間で免除)

1~6をすべて満たし申請することで認定証が受け取れます。

4番に関しては、単位取得に絡めれば達成は簡単そうです。

キャリアアップ研修会参加は2022年度までは免除となるそうなのでできるだけ研修会への参加を減らして資格取得の必要経費削減をしたい方は早めの受験がいいかもしれません。

単位表は以下(講習会・セミナー・研究会・学会・勉強会は当該領域のみ)

スマホ用

PC用

参加者 教育講演演者 シンポなどの演者 一般演題演者 一般共同演者 座長と司会者
日本臨床工学会及び日臨工が主催する講習会・セミナーなど 10 +20 +10 +5 +2 +10
都道府県技士会が主催する研究会・勉強会・セミナーなど 8 +20 +10 +5 +2 +10
日臨工が指定する学会・研究会・セミナーなど 5 +20 +10 +5 +2 +10
その他勉強会・講習会・セミナー 3 +20 +10 +5 +2 +10

 

取得単位が10単位付与される学会認定資格(当該領域のいずれか1つの認定につき付与)

血液浄化

  • 透析技術認定士
  • 日本アフェレシス学会認定技士
  • 日本急性血液浄化学会認定指導者
  • 透析技能1級、2 級

医療機器管理

  • 第 1 種、第 2 種ME技術実力検定試験
  • 臨床 ME 専門認定士(調整中)
  • 認定ホスピタルエンジニア(調整中)
  • 医療機器情報コミュニケータ(調整中)

 

更新方法

  1. 更新年度まで5年連続して技士会の正会員で会費を完納。
  2. 認定期間中に日本臨床工学技士会または地域臨床工学技士会へ1回以上参加。
  3. 取得単位表において認定期間中に20単位以上取得。

※初回更新のみ検定試験合格→認定申請のポイントが足りなく申請が遅れた場合、申請年度に関わらず合格から5年が有効期限となっており、初回認定の単位と初回更新との単位重複が可能(検定合格後の単位取得に限る)。

また、学会認定資格があれば更新申請時、取得単位として10単位付与されます。(更新領域のみで1~3をすべて満たす必要あり)→1~2をすべて満たすの間違い?技士会のミスかな?

あまり考えられませんが、正会員の承認された一時休会期間中は認定期間5年の中に含まないそうです。

なんでも屋ME
なんでも屋ME

2回技士会に出席で20点単位取得でき、要件2もクリアできる!

 

最後に

2018年度は認定臨床工学技士の資格として、「医療機器管理」「血液浄化」の2種類。

専門臨床工学技士の下位資格であるため、今後呼吸や不整脈といった資格も出てくるのではないでしょうか。

ちなみに、専門臨床工学技士の資格を持っていれば申請すれば当該領域の認定はされるそうです。(意味があるのかはわかりませんが・・・)

 

また、試験自体は医療資格を持っていれば可能ですが、認定資格を得るには臨床工学技士である必要があります。(臨床工学技士以外が試験を受ける理由は無さそうですが)

 

更新が思ったより面倒な感じではなく、技士会に2回出席するだけで医療機器管理と血液浄化の両方更新できるみたいですね。

資格を取るとわかりますが、この単位取得が意外とネックで共通単位となっているのがうれしいところです。

 

医療機器管理については指定講習の申し込みが締め切られています。

血液浄化は10月10日申し込み開始です!

 

参考文献

臨床工学技士認定制度 (2018年8月) 公益社団法人 日本臨床工学技士会 認定制度委員会

コメント

  1. […] >>認定臨床工学技士について […]

    • なんでも屋ME なんでも屋ME より:

      swillさん
      見事な連携?ありがとうございます!
      専門臨床工学技士は学生のころから憧れがありますね。