社会人なら必須!?それとも病院では不要?自分の名刺を作ってみた!

日臨工参加にあたり、名刺って必要?とTwitterで投げかけたところ院外活動をする方は必須!との意見をいただいたので

人生で初めて「名刺」を作りました!

 

スポンサーリンク

初めての名刺作成!

名刺に記入する項目とは?

今回名刺を作成するにあたり、こちらのサイトで作成しました!

Vistaprintさん

たくさんデザインがあり気に入ったデザインが見つかると思います!

こちらのサイトではすでにテンプレートとして記入する項目がある程度設定されていました。

その中で必要そうな項目だけ残して位置調整やフォントや大きさを設定していきます。

今回僕が名刺に記入した項目は以下

表面

  • 所属病院名
  • 院内の所属部署・役職
  • 名前(ローマ字表記も)
  • 所属病院住所・TEL
  • 所属病院から個人に割り振られているメールアドレス
  • 保有資格

保有資格に関してはTwitterの投票機能を使って記載するべきかどうかアンケートを取ってみました!結果は・・・

このような結果だったため、せっかくだし名刺に入れ込みました!

なんでも屋ME
なんとなく様になったような気がする・・・

 

今回注文する名刺は裏面も使用できるということで、せっかくなので裏面は「CEぷらす」の紹介をさせてもいました。

裏面記入項目

  • CEぷらすロゴ
  • キャッチコピー
  • TwitterのQRコード

 

今回のような裏面の記載は、個人で名刺を頼むことになっていたので出来たことであり、職場からの支給やお金を出してもらっている所ではやめたほうが無難かもしれません・・・

 

スポンサーリンク

 

実際に使用してみて

使用も何も配っただけなんですが(笑)

名刺は手裏剣のように配ってこい!との意見をいただいたので話した人には渡させていただきました!

ただ、ここで勉強不足だったのが「名刺交換のマナー

受け取るタイミングだったり、渡す位置だったりといろいろとあるようであまり勉強してこなかったのでもしかしたら失礼があったかもしれません・・・

 

日臨工では企業ブースに行った際にアンケートなどを書くと思いますが病院名や住所の欄の記入を省くことが出来たくらいで、「名刺があってよかったな!」と思えるようなことはまだ起きていませんが、これから何か普段の仕事につながるようなことや新しい出来事など起こればと思います。

 

日臨工が終わってからは院内で出会う業者さんに渡すことで直接の連絡がしやすくなったと思います。

 

名刺管理アプリ

名刺を渡した分だけ新しい名刺をいただくわけですが、ファイリングするにしてもかさばるしあまりスマートな方法ではないなと思い名刺管理アプリを導入してみました!

Twitterで聞いたところ(何でもTwitterで聞いてるな…)「Eight」・「Wantedly People」がオススメとのことでひとまず両方使ってみました!

Eightは読み込みも早く読み込んだ内容も正確でした。

Wantedly Peopleは読み込みは早いのですがところどころ読み込めてないところもあり後で修正が必要なことがありました。

これだとEightかなーと思っていたのですが、どうやら認証するためのサイトとの相性が職場のPCと悪いらしく認証出来ず結果的にWantedly Peopleを使用することになりました。

なぜ職場のPCなのかというと自身の名刺を読み込んだ際にメールアドレスが職場のアドレスだったためこれで登録されてしまったためです。

それとWantedly PeopleはEightだと有料になる「名刺データのダウンロード」が無料で行えるのも魅力かなと思います。

まだまだ使いこなせてませんが、使用感は先に述べた読み込みの不確かさがたまにあるものの総合的には使いやすく気に入っています。

 

最後に

今回社会人○○年目にして初めて自分の名刺を持ち相手に渡すという経験をしました。

今後病院内では業者さんと頻繁に会うので渡す機会はそれなりにあると思います。

今まで貰うばかりでこれってどうなんだろう?と思っていたので今回のはいい機会となりました。

今回作成した枚数は100枚もあるので配りきるには数年かかりそうですが、いつかは名刺があったからこの仕事が舞い込んできた!というようなことになればうれしいなと思います。

最新情報をチェックしよう!